外国人技能実習生受入の基本的な流れ

 

 

この事業に関する日本国際交流事業協同組合の役割

この事業に関する組合の役割

 

実習生選考 実技筆記適性試験・面接の実施
雇用契約 選抜試験合格者と企業との雇用契約の締結の支援
入管手続業務 在留諸手続および各申請書類作成等、事務全般
講習の実施 日本語および生活習慣、企業内規則、安全衛生面、専門知識等入国後の講習
実習実施機関受入企業への全般的なフォロー 技能実習指導員、生活指導員に対するアドバイス等の支援
技能実習開始後、通訳同伴で毎月1回以上定期訪問 3月に一度、組合役員が定期訪問指導
専門家の講師を招いた経営者懇談会開催や現地企業への視察
実習生へのフォロー 母国出身の職員や経験豊富な日本人職員による細かなメンタルケア
休日・平日間わず、組合での日本語授業や悩み相談応対 (24時間体制 )
技能実習生に関する一切の業務